こだわり中国駐在生活

中国駐在生活で感じたことをランダムに記します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

明日は大晦日

munekobaの会社も昨日で仕事納め
街はすっかりお正月ムードです。
特にショッピングセンター周辺は車が大渋滞。
お正月の買い物客で一杯です。
皆買っているのが,お米,油,そしてお酒
都会に働きに行っている家族のメンバーが
実家に一堂に会するわけで,そのためなんですが
中国人スタッフの話によると,どうもただ食べたり飲んだり
するために買うわけではないようです。

家族が一堂に会するのは,家族自身のためだけでなく
先祖の供養的な意味合いが強いようです。
元旦には家族皆が新しい服を着て一堂に会し
挨拶をして,餃子を食べる。(たぶん東北地方だけ)

もちろん餃子以外のいわゆる「おせち」も準備されます。
地方によって違うようですが,豚,鳥,魚など
確か「ナマコ」の煮物なんかも有ったはずです。
これらはご先祖様へのお供えの料理です。

その後は近所の長老やら親しい人を訪ねて
新年の挨拶ということになるわけですが,お年玉も・・・
この歳になるとお年玉はあげるばかりでおもしろくないですね。
赤いお年玉袋を用意して・・・

お年玉の金額っていくらくらいなんだろう?って思って
調べていたら,こんな新聞記事が有りました。
(昨年の記事です)

中国では、旧正月で帰省する際に親族から
期待される「お年玉」の額が年々上昇しており、
大都市で働く一部の若手ビジネスマンにとって
深刻な負担となっていることが分かった。
24日付の新華社が報じた。

 記事によると、中国の旧正月では年上の
既婚者が新しい年の幸運を祈って現金を
入れた赤い封筒を親類の子供に渡すのが
慣習だったが、最近は年下だけでなく年上の
親族にも、若いビジネスマンたちから高額な
「お年玉」を渡すことが期待されているという。

 同記事では、1カ月分の給料をも上回る
約4000元(約6万2000円)の「お年玉」を
避けようとするあまり、今年の帰省を取りやめた
上海のサラリーマンの例を紹介している。


現在は円高で日本円換算の金額は1万円ほど
下がってしまっています。念のため。

確かに小学生レベルで200元程度はあげるらしく
両親や親戚が沢山いれば・・・

中国の物価レベルは日本の5分の1という例えがあります。
上記の給料レベルだと少し甘めですが
そうだとしても。小学生に200元は大きな金額ですね。

munekobaも中国人サラリーマンだったら,きっと困って
いると思います。(苦笑)

本当に特別なお正月です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

今年は最貧乏な一年に決まっています。
以前、新年には、少なくとも、千元ぐらいを貰える。今年は少得可怜!経済危機の原因かな?=:(=

Meizi | URL | 2009年02月06日(Fri)18:11 [EDIT]


経済危機

>Meiziさん
「少得可怜!」とは,「少なくてかわいそう!」と言うことですね。
未だお年玉を「渡す」立場じゃないようで羨ましいです。(苦笑)
何処でもお年玉の金額は「景気」を反映するようです。
でも千元は大きな金額ですし期待していてもらえないのは「がっかり」ですね。
貴重な情報ありがとうございました。

munekoba | URL | 2009年02月08日(Sun)17:46 [EDIT]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。